肌にあるニキビが気になっていても、なかなか治ってくれない…。
とりあえず、肌をきれいにしてみようと洗顔をがんばってみたけど、逆に悪化してしまった…!
やっぱり、洗顔でニキビを治すというのが甘い考えだったの!?

いいえ、そんなことはありません。
ニキビが悪化したのは、洗顔料の選び方や洗顔のしかたが間違っていた可能性が高いです。

ニキビは、毎日の洗顔でケアをすることが十分に可能です。
ただし、洗顔料の正しい選び方と、使いかたの知識が必要です。

これから、ニキビに効果的な洗顔料をランキング形式でご紹介しながら、選びかたのポイントまで解説していきます。
ぜひ参考にしてから、洗顔料でのニキビケアにチャレンジしてください!

これがニキビ肌に効く洗顔料!おすすめランキングベスト3

ニキビは毛穴の汚れや皮脂の詰まりが原因、というのは誰もが知るところです。
そのために、とにかく肌をきれいにしようと洗顔を頑張る人が多いようです。
しかし、肌を洗浄し過ぎるのは逆効果です。

ニキビには「洗浄力は最小限で、刺激が少なく、乾燥させない」洗顔料を選ぶ必要があります。
なかなか難しい洗顔料のように聞こえますが、そんな洗顔料もちゃんとあります!
では、ランキング形式でご紹介していきましょう。

第1位・Non.A(ノンエー)

Non.Aは、テレビでも紹介されたことがあるニキビ専用の固形石鹸です。
思春期ニキビだけでなく、ケアの難しい20代からの大人ニキビにまで効果的に作用してくれます。

ニキビの炎症を抑える「グリチルリチン酸ジカリウム」や「甘草」を配合。
さらに「ヒアルロン酸」などの保湿成分もしっかりと配合。
薬用ニキビ石鹸として、厚生労働省の認可ももらっています。

まさに、理想的なニキビ石鹸としておすすめできる洗顔料です。

おすすめポイント1・泡の弾力が違う!

下を向けても落ちないくらいの、きめが細かく弾力たっぷりの泡ができます。
その泡の弾力は、従来の洗顔料の4倍もあるといわれています。

弾力のない泡では、水分が多くてゆるいため、すぐに消えてしまいます。
ところが、Non.Aの弾力たっぷりの泡は、消えずにしっかりと毛穴まで入り込んで汚れを取り除いてくれます。
その洗浄力は過度になりすぎず、肌に必要な皮脂はちゃんと残してくれる洗浄となっています。

おすすめポイント2・潤い成分がたっぷり!

Non.Aは、その絶妙な洗浄力だけでなく、潤い成分がたっぷり配合されていることでも有名です。

「ロイヤルゼリー」「ヒアルロン酸」「リピジュア」といった美容成分を配合。
このたっぷりの保湿成分と無添加処方が、ニキビの改善だけでなく「ニキビができにくい肌」をつくっていきます。
こういったニキビ予防の力も、口コミで話題になっています。

おすすめポイント3・返金保証付き

Non.Aは無添加処方なので、よくある「ニキビが増えた」「毛穴が開いた」といった肌トラブルはまずありません。

しかし、どんなスキンケア商品にも肌に合う、合わないのリスクはあります。
Non.Aにもそういったリスクがあるので、しっかりと10日間全額返金保証が付いています。
万が一肌に合わなくても、返金してもらえるなら安心できます。

Non.Aはこんな人におすすめ!

・炎症や敏感肌で、肌力が弱っている人
・顔だけじゃなく、背中ニキビなどの体のニキビにも使いたい人
・とくに赤ニキビに悩みがある人

第2位・ファーストクラッシュ

ファーストクラッシュは、「サリチル酸」という角質ケア成分も配合されているニキビ用洗顔料です。
スクラブタイプの洗顔料で、毛穴に残っている古い角質や汚れをしっかりと除去していきます。

洗浄力が高いぶん、肌に負担をかけない天然植物成分を配合し、肌の保湿にも力を入れています。
この保湿力が、肌の乾燥が原因になりがちな大人ニキビにも効果的に作用してくれます。

思春期ニキビでも大人ニキビでも対応でき、洗顔と保湿両立の洗顔料としてアットコスメでも1位を獲得しています。

おすすめポイント1・ケアが簡単に!

ファーストクラッシュは、「洗うだけ」をコンセプトにしています。
つまり、化粧水などのスキンケアの手間をなくし、ファーストクラッシュで朝晩洗顔するだけでケアが完結できるんです。

面倒くさがりの人や、ケアに不慣れな男の人でも使いやすいので、男女問わずに人気になっています。

おすすめポイント2・天然植物成分と有効成分配合

古い角質を取り除き、肌を清潔に保つ有効成分「サリチル酸」配合。

さらに「グレープシードオイル」「シトラスオレンジピールオイル」など、保湿成分として有名な天然成分を8種類も配合。
この有効成分と天然植物成分で、洗浄効果と保湿効果のダブル効果でニキビにアプローチします。

おすすめポイント3・返金保証付き

ファーストクラッシュにも、しっかりと返金保証が付いています。
30日間セットは30日間、60日間セットは60日間の返金保証になっているので、効果をじっくり試すことができます。

ファーストクラッシュはこんな人におすすめ!

・オイリー肌で皮脂が多めの人
・ニキビができ始めの人
・面倒くさがりでケアが苦手な人

第3位・ルナメアACファイバーフォーム

ルナメアACファイバーフォームは、大手フジフィルムが独自に開発したニキビ用洗顔料です。
肌にダメージを与えてしまう殺菌剤は使わずに、やさしさにこだわった処方になっています。

毛穴よりも小さくなっている糸状の「ファイバースクラブ」が、毛穴の汚れや古い角質を絡めとります。
さらに保湿成分や、炎症を抑える「グリチルリチン酸ステアリル」も配合。
殺菌剤不使用ながら、しっかりとしたニキビケアが期待できます。

おすすめポイント1・ファイバースクラブ

ニキビは毛穴の詰まりが原因になります。
この詰まりを取り除くために、スクラブ入りの洗顔料も多くみられますが、スクラブは肌への負担も大きくなります。

そこで、ルナメアACは、ファイバースクラブを採用しました。
やさしくてフワフワの食物線維が、肌に負担をかけずに毛穴をきれいにしていきます。

おすすめポイント2・植物エキスで保湿

ニキビに効果を発揮する「アーティーチョークエキス」を配合。
さらに「ハーバルモイストエキス」「ビルベリー葉エキス」といった4種類の植物エキスを配合。
水分不足になりがちなニキビ肌を、しっかりと潤していきます。

おすすめポイント3・殺菌剤不使用

従来のニキビケア用品によくある、殺菌剤やスクラブが不使用になっています。
肌の負担になるものは一切使用しないことで、使い心地がとにかくやさしい!
肌の免疫力を低下させないので、ニキビケアがスピーディーになります。

ルナメアACファイバーフォームはこんな人におすすめ!

・ほかのニキビ洗顔料に刺激を感じた人
・洗顔後に肌がつっぱりやすい人
・Uゾーンにニキビができやすい人

番外編・中学生でも買える洗顔料

ニキビは中学生くらいから悩みになっている人もたくさんいますよね。
上記でご紹介した洗顔料がおすすめですが、中学生には価格的に厳しいかもしれません。
そこで、薬局でも買える市販のプチプラ洗顔料もご紹介しておきましょう。

ロゼット洗顔パスタ・海泥スムース

洗浄力がそこまで強くなく、かつ毛穴もきれいになると評判の洗顔料です。
手頃な値段で買えるので、リピート率もとても高くなっています。
ランキングでご紹介した商品ほど効果は望めませんが、予算がないときはお試しください。

ニキビ洗顔料はこう選ぼう!選び方のポイント4つ

ニキビケアに、洗顔はかなり大事なプロセスです。
洗浄力ばかりを意識して、ニキビを悪化させないためにも大切なポイントを覚えておきましょう。

ポイント1・適度な洗浄力か

よく「しっかりと汚れを落とす」とか「さっぱり洗顔」といったうたい文句の洗顔料がよくあります。
洗顔料としては、しっかり汚れが落ちたほうが優秀と思われがちですが、じつはそうではありません。

「余分な汚れを落とし」なおかつ「必要な皮脂や成分は残す」洗顔料が優秀な洗顔料です。
とくに肌の乾燥が影響するニキビ肌には、こういった優秀な洗顔料である必要があります。

「しっかり」とか「さっぱり」の必要はないので、うたい文句に惑わされないようにしましょう。

ポイント2・毛穴をきれいにできるか

毛穴の詰まりがニキビの原因になります。
そこで、毛穴をきれいにできる洗顔料である必要があります。

肌を乾燥させるほどの刺激がないような、吸着成分配合のものを選びましょう。
吸着成分がなくても、きめが細かく、しっかりとした泡立ちなら毛穴には効果的です。

ポイント3・潤い成分が配合されているか

どんな洗顔料でも、洗顔後は一時的に肌が水分不足になりがちです。
しかし、ニキビ肌に乾燥は大敵です。
だから、失った水分を肌に補うことができるように、潤い成分が配合されているものを選びましょう。

ポイント4・炎症を抑えられるか

ニキビは、アクネ菌の増殖によって炎症が起こっている状態です。
つまり、炎症を抑えることもニキビケアの大事なポイントになってきます。

グリチルリチン酸ジカリウムなどの、炎症に有効な成分が配合されている洗顔料を選びましょう。

ニキビ用洗顔料の使いかた

せっかくニキビに効果的な洗顔料を手に入れても、上手に使わなくては効果が半減してしまいます。
ニキビをしっかりケアするためにも、ニキビ用洗顔料の基本的な使いかたをマスターしましょう。

1日2回を守る

ニキビ用洗顔料は、朝の洗顔と、夜のお風呂での洗顔と1日2回使うようにします。
汗をかいたときは洗顔料を使わずに、汚れを落とす程度でその都度洗います。

洗えば洗うほどニキビが改善するわけではないので、過剰に洗顔料を使わないようにしましょう。

洗いかたのコツ

洗顔料は、泡立てネットなどを使ってよく泡立てます。
顔を泡で覆うように洗っていき、指で肌をこすらないようにしてください。

ずっと洗い続けると、肌のバリア機能が低下して肌の乾燥を招いてしまいます。
30秒くらいで洗い終わるようにしてください。

洗い流すお湯の温度は、ぬるま湯程度にして、熱いお湯は使わないようにします。
シャワーの水圧は肌をいためる原因になるので、手のひらにすくったお湯で流してください。

これだけは守っておきたいニキビ対策

せっかくニキビを改善していっても、次から次へと新しいニキビができてしまっては意味がありません。
新しいニキビを作らないためのポイントも、しっかりとおさえておきましょう。
また、ニキビ跡を残さないためのポイントもおさえておきましょう。

マスクをしない

ニキビができていると、ファンデーションを控える人が多いようです。
すると、スッピンが恥ずかしいのでマスクの着用率も上がります。
しかし、マスクは蒸れやすく、新しいニキビを発生させやすくしてしまいます。

ファンデーションはニキビでも安心なミネラルファンデーションを使うなどして、できるだけマスクの着用はやめておきましょう。

保湿に気をつける

肌が乾燥すると、ニキビが悪化したり、新しいニキビができやすくなってしまいます。

オイリー肌でニキビができている人は保湿を怠りがちですが、皮脂と保湿は別問題です。
保湿が足りないと、かえって皮脂の分泌量も多くなってしまいます。
どんな肌質でも、保湿はしっかりとしておくようにしてください。

紫外線対策を忘れずに

紫外線は、シミの原因になることで有名ですが、ニキビ跡を残す原因にもなります。
ニキビができているときは、外出時にしっかりと紫外線対策をとるようにしましょう。

また、紫外線を多く浴びてしまった日は、帰宅後にしっかりとケアをするようにしましょう。
ケアをするかしないかでも、肌コンディションが大きく変わるので、ニキビ跡の確率も大きく変わります。

ニキビは洗顔がキーポイント

ニキビ肌を改善するために、洗顔は大きなキーポイントになります。
ニキビ向けの正しい洗顔料を選び、正しい洗顔方法をしていけば、どんなケアよりも改善の近道になります。

まずは洗顔料を見直して、正しい洗顔をしていきましょう。

皮膚科に行かなくても治る!
痛い・かゆい!背中のニキビに効く薬