肌トラブルに悩む男女は多いです。
特に、思春期になると皮脂が多く出ることにより、ニキビが出来ます。
水分と油分がバランス良く保たれている状態ではないと、肌トラブルが起きるのです。
体質や両親の遺伝的な要素も大きいと言われます。
皮脂が過剰に分泌してしまうと、ニキビが出来やすく毛穴も開きやすいです。
何をしたらニキビが出来なくなるのだろうと悩む人がいます。
まずは肌を清潔に保つことが大事です。
毛穴の奥まで汚れが取り除ける洗顔料を使用しましょう。
泥の洗顔料を使うと、保湿効果もあり毛穴の汚れが落ちます。
しっかりと泡立てて、キメの細かい泡を作りましょう。
優しく気になる部分をマッサージするように洗うのです。
洗顔は毎日欠かさずに洗いましょう。
ニキビが気になる人は、一日に2回以上洗う人もいます。
しかし、洗い過ぎてしまうと、肌に悪影響を与えてしまうのです。
肌にはバリア機能が備わっているので、何度も擦ってしまうと良くないと言われます。
朝と晩の2回だけにしておきましょう。
皮脂が気になる時には、化粧水を肌に浸透させて保湿することが大事です。
化粧水だけでは蒸発してしまうので、保湿クリームを塗ることも重要となります。
ニキビが出来やすい人は、オイルはあまり使わない方が良いかもしれません。
個人差もありますので、スキンケア用品で荒れてしまう時には使用を中止しましょう。
自分の肌に合う化粧品を使わなければ、肌荒れが悪化してしまうこともあります。