ニキビを予防するためには、生活習慣の改善が大切です。睡眠不足や運動不足を改善し、ホルモンバランスの乱れや血行不良などにならないようにすることも予防策になるでしょう。また、食生活で栄養の偏り、特に脂分の多い食事は、皮脂の分泌量が増えてしまうため、毛穴が詰まりやすくニキビができやすい肌環境になることもあるため、栄養バランスのとれた食生活をすることも大切です。
また、ニキビを予防するためには、洗顔も重要です。汚れや汗、また余分な皮脂を洗い流し、肌荒れなどを防ぎましょう。洗顔をする場合には、洗顔料を使用することで、肌の汚れなどを落としやすくします。また、洗顔料では、泡立ちのいいものを使うと、毛穴の詰まりなどの汚れや皮脂などもしっかりと洗い落としてくれるので、おすすめです。
洗顔時には、ぬるま湯を使い、適度に余分な皮脂を洗い流すことも大切です。皮脂のほとんどを洗い流してしまうと、肌を保護することができず、外部からの刺激を防ぐことができません。また、肌の水分維持にも問題が生じ、肌が乾燥しやすい状態になってしまうため、洗顔時で注意することは、洗い過ぎないことです。丁寧に洗うことで、肌がきれいになると考えずに、適度に汚れや余分な皮脂を洗い流し、肌を保護する分の皮脂が肌に残るような洗顔を心がけていくことが大切です。
洗顔後には、肌が乾燥しやすいため、化粧品でしっかりと肌の保湿をして、きれいな肌を維持していきましょう。